a:905 t:1 y:0
この日は私の特別な日になります

坂田麻里先生のご自宅近くに住んでおります。先生のご自宅は石神井公園の中でも、いにしえの面影を残す三宝寺池の西の台地、野鳥誘致林の近くにあります。
先生のピアノの演奏に浸り、ティータイムで楽しいお話をし、野鳥誘致林に続く三宝寺池を散策……この日は私の特別な日になります。木々の間で息を深く吸って目を閉じると、からだ全体が先生の音楽で満たされているのに気づきます。
先生、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

                            片山弘子様
ひみつにしておきたいほど素敵な会ですが

私が誘われて坂田先生宅に伺ったのは、平成9年9月25日でした。その日の曲目は乙女の祈り、ドビューッシーの月の光、ショパンの別れの曲等々でした。私に取っては皆思いで深いなつかしい曲でした。
広いホールでのコンサートとは異なり少人数で先生の解説をお聞きし乍らのひとときの倖せはたくさんの方々にも是非体験していただきたいと思い乍ら反面そっとひみつにしておきたい等と勝手な事を思っているワガママな私ですがそれ程素敵な会ですので是非々いらして倖せなひとときを体験して下さい。 
                        目黒区在住 S.N.様

私の非日常的な特別の癒しの空間です。

サロンコンサートは、普段時間に追われ生活全体に全く余裕のない私にとって唯一クラシックに触れられる非日常的な特別の癒しの空間です。 全くクラシックに知識がない私には演奏前の、まり先生の曲紹介で豆知識など色んな事を学べる場でもあり、自宅に帰ってから演奏された曲や作曲家をさらに調べて深く勉強させてもらうこともあります。
サロンコンサートの後はワインやご主人が淹れて下さる美味しいお茶と一緒にまり先生やご主人、普段関わったりお会いすることができない方達と楽しいおしゃべりも出来て視野も広がっています 子供達とも一度、一緒に参加してコンサートの後、普段話さない音楽的な内容の感想をとても楽しくshareすることができました。
これからも私の特別な癒しの場所として参加させていただこうと思っています。どうぞよろしくお願いします。
まり先生、いつも素敵な時間をありがとうございます
またサロンコンサートに行けるのを楽しみにしています。
                             大木 聡子様
               
心の拠り所としての「サロンコンサート」を楽しみにしております。
 
今から七年程前に井草の素敵なcafe でチェロとチェンバロの演奏会で麻里先生と出会いました。言葉を交わすと我が家の近くお住まいで「サロンコンサート」をおこなっているとのことで所定の日にコンサートにお伺いしました。
以来サロンコンサートには家内と二人で必ず伺います。どの曲を聴いても曲に纏わる思い出が心の中を通過します。特にバロックの曲が演奏されると小学校、中学校のクワイヤー活動のころと思い出します。
麻里先生の演奏される各曲に対しての造詣、研究の深さに基づいた解説やエピソードを説明されるたびに感銘を受け、「自分はなんと知識のない人間だ」と反省するばかりです。演奏の後の茶話会も自分の知らない話題が飛び交い感心するばかりです。各国、言語は違っても五線紙に表現されることは共通しています。今、世界情勢は株価暴落、難民問題、ISの暴挙、石油価格暴落,難民問題等々自分自身の力だけでは解決できない不安要素に取り囲まれています。せめて「サロンコンサート」の最中は演奏曲に没頭したいものです。そんな心の拠り所としての「サロンコンサート」を楽しみにしております。
                             關戸 千尋 様

力強く情熱的な演奏に感動しています。
 
クラシック音楽は自分にとっては遠い存在でした。麻里さんのサロンで時代背景や作曲家の特徴などの説明を聞いてからは親しみやすくなってきてます。また、毎回、曲に対しての想いなども伝わってくるような力強く情熱的な演奏に感動しています。
これからもサロン続けてください。自分の周りの人を誘ってまた聴きに行きます。
                         小平市在住 石井 俊一様

私を清めてくれる感じなんです。それが心地よくて、大好きです。
 
専門的なことはわかりませんが、演奏をなさっているお姿が美しいので、まず、そこで魅了されてしまいます。なんといっても素晴らしいのは私の頭の中に絵が浮かぶんですよ。懐かしい風景や大好きな人なんですけど、それが私を清めてくれる感じなんです。それが心地よくて、大好きなんです。
                               西巻悦子様

本当に何度足を運んでも飽きることがありません。 
 
こちらのサロンコンサートはクラシック好きな方から初心者の方まで楽しめます。曲目もバロックから近・現代まで幅広く、また有名な曲はもちろん、素敵なのに普段他のコンサートではあまり弾かれる機会の少ない作品も取り上げてくださいます。本当に何度足を運んでも飽きることがありません。これからも楽しみにしています。
                              M.K様

心温まるサロンコンサートをいつも楽しみにしています。
 
ピアニストの坂田さんはじめ、いらっしゃる皆さんは人柄の素晴らしい方々ばかりです。
演奏が終わってお茶を飲みながら、音楽に限らず様々な話に花が咲き、とても楽しいコンサートです。思わぬ出会いもありました。
心温まるサロンコンサートをいつも楽しみにしています。
                              佐々木 宏和様

時には、なぜか涙かこぼれて、…
 
私は麻里さんの近くに住んでいますが、遠方からいらっしゃる方も多いなか、身近に生のピアノ演奏を聴かせていただけることをいつも幸せに思っています。毎日忙しくしている私にとって、麻里さんのピアノ演奏は心の安らぎになり、私を日常からメルヘンの世界へ誘ってくださいます。
音楽の知識がない私ですが、一曲一曲に込められた、作曲家の思い、そして生い立ち、時代背景などを話されてから、演奏してくださいますので、曲に込められた作曲家の思いが伝わり、その時代にいるかのような錯覚になったり、時には、なぜか涙かこぼれて、…
演奏の後のティータイムもまた楽しみのひとつです。皆様の演奏の感想を聞きながら、音楽の知識が増え、また趣味や、お仕事の話、悩みごとなど、いろいろな話が飛び交い、はじめてお会いした方とも、趣味などを通じて友達になった方もいます。
ピアノ演奏といろいろな方との出会いもあり私にとっては、毎回参加するのをとても楽しみにしています。ありがとうございます。

                               竹山幸子様

今では何を差し置いても参加する大ファンです。
 
74歳、男性、サロンコンサート歴1年(4回)音楽には縁の無かった初心者です。でも初回から素晴らしい演奏と柔らかい雰囲気が心地よく、今では何を差し置いても参加する大ファンです。
ピアノを囲んで演奏を楽しむ体験、生の音がいきいきと輝いて私に飛び込んでくる喜びはとても大きくて、こんな贅沢な音楽との触れあいかたにいつも感謝しています。
坂田さんを交えた語らいも、参加した皆様それぞれの楽しみ方を伺えてとても勉強になっています。
これからはもう少しお若い方にもこの楽しみをお裾分け出来たら良いな~と思ったりしながら次回を楽しみに待ってます。
                                M.Y様

真近かで聴けるコンサートはとても癒しになっております。
 
いつも素敵なコンサートをありがとうございます。音楽に関してずぶの素人の私ですが、真近かで聴けるコンサートはとても癒しになっております。コンサートというと夜だったり、遠かったりとだんだん行く機会が減っていたのですが、
石神井公園 野鳥の森近くのお宅で3か月毎に開かれるサロンコンサートは唯一の楽しみになりました。40回おめでとうございます!  
                                H.U様

 私の贅沢な半日となっています。
 
リタイアー生活は単調になりがちですがちょっとしたご縁でサロンコンサートを聴く機会に恵まれて数年経ちます。四季折々にちなむ曲やリクエスト曲に一言コメントを添えた生演奏とお茶を楽しんでいます。
会場への途中に通る石神井公園の散歩と合わせて私の贅沢な半日となっています。
                                 O.K.様

どうしてあのような力強い豊かな繊細な音楽がつむぎ出されるのかいつも感嘆している

三月に二つの感動的なコンサートを楽しむ事ができた。私たちの住む石神井の持ち近くの坂田先生のホームコンサートで「熱情」を,又ゆめりあのホールで「悲愴」とブラームスの「三重奏曲」を。ベートーベンのソナタをこんなにも身近に聴く事ができた。先生と聴衆の心が一つになって、同じ瞬間を楽しみ、呼吸し、先生の指先が鍵盤からそっと離れた時、私たち聴衆もほっと大きく呼吸する。先生の細い綺麗な指先から、どうしてあのような力強い豊かな繊細な音楽がつむぎ出されるのかいつも感嘆している。若い時、都心のコンサートホールまで心おどらせて足を運んだが、この頃は夜出かける事もままならなくなってきている。そんな時、先生のお宅の名曲コンサートで三か月に一回、一年四回のバロックからジャズ迄のヴァライアティにとんだ名曲の数々を楽しむ事ができるのは、この上ない倖せで嬉しい事である。先生の選曲は季節感にあふれ、いつも思い出につながる曲を演奏して下さる。子供時代の楽しいそり遊び、学生時代のなつかしい映画音楽、娘たちの発表会での曲等、あげれば数かぎりない。心にこみあげる感情を押さえるのが難しい時もある。
軽井沢を思わせる緑豊かな石神井公園、光と風と樹々を飛びかう小鳥たちの楽しそうなさえずりの小道をぬけて先生のお宅に伺う、そこでのホームコンサート。考えられないほどの素晴らしい時間を、先生,又お顔みしりの方々とご一緒に心ゆくまでピアノの音にひたることができる。
そんな風にホームコンサートに伺ってから数年がたち、私もどうしてもピアノのお稽古を始めたくなった。昔、ほんの少しお習いしたことがあったが、いそがしさにまぎれ、私自身のことは、いつもあとまわし。でももう七十歳にもなって、これから何年元気に過ごせるのかわからないし幸い娘達が使った古いが音のでるピアノがある。今、始めないと後悔が残ると決心し先生にお弟子入りをお願いした。快く受け入れて頂き、それから五年が経つ。最初選んで下さった練習曲は三善晃さんの「ピアノのための12の課題」。バイエルと同じかと思って弾いていみたが、これが難しい。本当の初めの小さい練習曲も音楽的で美しく、内容、曲想が深く新鮮。音符が少ないのでやさしいかしらと思いきや、ちゃんと一つ一つの音を考えないとまとまらない。先生がお手本に弾いて下さる最初の一音が、私の弾く音と全然違う。そんな時、先生はどうしたら美しい音が無理なく弾けるのか丁寧に私が納得するまで教えて下さる。これは三善さんの練習曲に限らず、ギロックの美しい叙情的な小品、有名なブルグミュラーの楽しい小品、バッハのメヌエット等々、繰り返し繰り返し教えて下さる。その熱意にはいつも申し訳ないと思い乍ら、先生のお人柄の素晴らしさにも感じ入ってしまう。先生は又、良く褒めて下さる。少しでも良いところがあるとすぐ褒めて下さる。嬉しくなってしまうのは、子供と同じ。坂田先生は理想的な指導者痔いらっしゃる。今お習いしているジャズの小品は聴いて楽しく、体が思わずスイングしてスアムが、ギロックのジャズも弾くとなるとおもうようにいかない。先生はいつもの様に、繰り返し、時には手でリズムを取って教えて下さるがどうしても指が動かず覚えたはずのフレーズを忘れてしまう。それでも先生はあきらめずに引っぱって下さる。頭の中ではいつもこのリズムを追っているのだがどうして良いのか手がすくむ。そんな時もう少し若かったら、ジャズももう少し弾ける様になれたのかとも思う。さあさあ、そんな事考えても仕方ない。早く家事を片づけてお稽古をしましょう。ピアノが早く早く待ってくれている。挑戦! 

                             75歳 女性